アウトドアグッズはどれも同じではありません! 高品質・ホンモノをお届けします♪
トップページ | 初めての方へ | ご注文の流れ |  カートお買物方法 | よくある質問  | お客様の声 | 個人情報保護 | 特定商取引法 | 支払い・送料 | FAX注文 | お届け日数 | 問合せ営業案内
「アウトドアーズビータックル」サイト内全文検索窓はこちらです!   アウトドア  燻製(スモーク)用品   フィッシング   生活雑貨   セキュリティ用品  

体にいいおフロ活用法・目的別入浴方法の目安
熱めのお風呂にさっと浸かって上がる。いわゆるカラスの行水は、早くのぼせてしまい、体の芯まで温まりません。
ちょっとぬるいかな?と思う37〜40度くらいのお湯に、20分くらい浸かるのが理想的。筋肉もほぐれ、体もココロもリラックスします。
逆に朝風呂などは熱めのお湯に浸かると、体がシャキッと目覚めるので、そのときどきの状況に応じて使い分けましょう。
また、風邪気味かなと思ったら、足湯やひざ湯で発汗をうながすと、スッキリします。汗ばんできたら汗をよく拭き取り、すぐに着替えをしましょう。
また、洗面器などに熱めのお湯を入れ、手首までお湯をひたす「手浴」をするだけでも疲労がとれます。

目的 温度 時間・回数
便秘(けいれん性)
  便秘(直腸性)


42〜43度 シャワーを腹部に当てる
浴室内での腹式呼吸
低血圧

41〜42度 3分程度の短時間を反復
筋肉の疲れをとる 42〜43度 10〜15分
  反復で、水をかけても良い

二日酔い解消

42度以下 3分程度の短時間
寝起きをよくする
足のむくみ、疲れをとる
39〜40度前後 10分〜15分
湯はたっぷり、深く浸かる


肩こり、腰痛

40〜42度 10〜15分
冷え症

40度 水と反復
ストレス解消

40度以下 10〜15分
美肌効果

38〜40度 5分
高血圧

37〜38度 20分〜30分で半身浴
安眠

37〜38度 10分〜15分で半身浴

※時間や回数は、おおよその目安です。体調によってむりのないよう調節してください。

※半身浴は38度くらいのぬるめのお湯に20分間、みぞおちまで浸かる簡単な方法です。
肩までお湯に浸かると、水圧によって心臓や肺に負担がかかりやすくなりますが
半身浴ならその心配がなく、体の芯からじっくりと温まります。

(出典:「すぐに役立つ家庭療法」神谷節子/陣内秀喜 著