アウトドアーズビータックル アウトドア通販
アウトドアトップページ | 初めての方へ | ご注文の流れ |  カートお買物方法 | よくある質問  | お客様の声 | 個人情報保護 | 特定商取引法 | 支払い・送料 | お届け日数 | 問合せ営業案内
アウトドアーズビータックル「サイト内検索はこちらです!」 アウトドア用品 燻製用品(スモーククッキング) フィッシングギア 生活雑貨 セキュリティ用品 Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録
Googleブックマークに登録Googleブックマークに登録


使用済みテレホンカード・その他プリペイドカード・使用済み切手・外国コイン等で、
あなたができるボランティアをしませんか?(図書カードは除きます)


植林活動に役立てるため、皆さんにご協力いただいてテレホンカードや切手などの使用済み物品、
書き損じハガキなどの収集を行っています。
皆さんに送っていただいた使用済みテレホンカード・切手・外国コイン・ディズニーランドチケットなどは、
業者を通じて国内外のコレクターに販売します。

書き損じハガキは、郵便局で切手やハガキに交換してもらい、通信費にあてることで経費の節減に役立てます。
浮いた資金を植林にまわすことが出来ます。
使用済みテレホンカードなどの売り上げは、現在、中国楡林市東陽山、タンザニア・キリマンジャロ・日本等での植林活動に役立てられます。

・カード類は、汚れがひどい・折れている・切れている・落書きのしてある・ホチキスなどで穴を開けてあるカード、
変造カードなど状態の悪いカードはなるべく除いてお送り下さい。*図書カードは受付できません。
・使用済み切手は、破れがないものに限ります。封筒からはがさずに、切手の周囲を1cmくらい残して切り取って下さい。
切手のふちのギザギザを切りとってしまわないようにご注意下さい。



恐れ入りますが、ボランティアのため、使用済みカードの送付にかかる郵便料(送料)は
送付される方のご負担でお願いします。
(着払いの場合は受け取りができませんので予めご了承下さい)


*図書カードは受付できません。


送り先】
〒815-0031 福岡市南区清水1丁目20番3号
株式会社ビィタックル 使用済みプリベイトカード係
TEL:092-562-8986


または、

〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
馬事畜産会館203
TEL:03-3297-5505

公益財団法人 緑の地球防衛基金あて



お忙しい中お送り頂いている皆さまへ
本当に有難うございます。心より感謝致しております<(_ _)>

                                   
アウトドアーズビータックル一同
*弊社受取り後の返信は致しておりませんが、
弊社ブログ「アウトドアーズのブログ」にて受取りのご報告をさせていただいております。
(個人名は公開いたしません)



森林はわたしたちを含めた地球上の生物にとって、なくてはならない存在です。
森林には『酸素の生成』、『土壌の流出防止と養分の供給』、『雨水の貯水』、『生物へのすみかと食料の提供』など、
環境保全において重要な様々な働きがあります。

森林はわたしたちの生活に必要な材木や紙原料、薪炭材などを供給し、森林の作り出す景観はわたしたちの心を和ませてくれます。

また、植物は光合成の過程で二酸化炭素を吸収して酸素を生成するため、
地球温暖化の原因となる温室効果ガスの一つ、二酸化炭素の吸収源として、地球規模での気候変動の緩和に役立っていると言われています。

わたしたちは森林からたくさんの恩恵を受けて暮らしています。しかし、その森林が今、各地で急速に減少し続けています。

森林は現在、地球上の陸地の約30%を覆っているといわれています。
しかし、人間の経済活動の活発化にともなう過度な木材伐採や開発、開墾、過放牧、
異常気象による大規模な火災や暴風雨被害、病虫害、大気汚染など様々な原因により、各地で森林破壊が急速に進んでいます。

2000年から2010年までの10年間に、世界全体で毎年約521万haの森林が消失しました。
これは日本の森林面積の5分の1に相当します。


写真は、タンザニアにそびえるアフリカ最高峰、キリマンジャロ山頂キボ(5895m)を、植林地のある山腹のオリモ村から望んだ景色です。
近年、頂上に見える万年雪が目に見えて減少してきており、地球温暖化の影響によるものではないかといわれています。


公益財団法人 緑の地球防衛基金は、
失われた緑を少しずつでも回復していこうと設立以来、森林破壊の著しいアジアやアフリカで植林活動を続けています。

世界中で進む森林破壊や砂漠化に対し、地球上の緑の保全・再生、砂漠化防止及び環境保護の推進に寄与することを目的として、
緑の地球防衛基金は2012年4月に公益財団法人としてスタートしました。